豊春|東岩槻の整体・マッサージは「整体ハウスほぐれ~る豊春院」

 

代替療法が求められる理由

現代西洋医学での治療には薬物療法、化学療法、物理療法などがありますが、難病とされる癌や心臓病、糖尿病など難病と呼ばれる病気に対して、完治する治療方法も薬も発見されていません。
それゆえに、現代西洋医学が切り捨てた全ての治療法を指す代替療法が求められるのではないでしょうか? 西洋医学では治せない(科学では解明できない)ものがたくさんあります。それを補ううえで代替医療が注目されているのです。

加えて今の西洋医学では、病気の根本的な治療がなされないということです。
例えば、末期の癌患者に対しての治療法として、現在は手術、抗癌剤、放射線が主な治療法ですが、これらは全て体に害になります。これらの療法は癌細胞だけでなく、正常な細胞にもダメージを与えてしまい、患者さんの免疫力や自然治癒力を落とし、結果的に癌の治療による副作用などで亡くなってしまう、または死を早めてしまう事もあるのです。

今までは病気になってからの治療が中心であったのが、現在の医療は病気の治療ではなく、予防に重点がおかれるようになりつつあります。