豊春|東岩槻の整体・マッサージは「整体ハウスほぐれ~る豊春院」

坐骨神経痛とは ?

坐骨神経痛坐骨神経は人体の中でも最も太く、長い神経で腰のあたりから爪先まで伸びています。坐骨神経は太ももと足の筋肉を支配している神経で、脳からの運動指令を伝え、歩行する、身体のバランスを取るといった働きをしています。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰やお尻、太もも、ふくらはぎや足の先などに鋭く電気が走ったような痛みやピリピリとした痺れ、強く張っている感じなどの症状が生じます。坐骨神経痛とは病名ではなく、症状を表す言葉です。坐骨神経痛は多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みや痺れが現れるだけでなく、麻痺や歩行障害を伴うこともあります。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛原因年齢が若い方の場合は「腰椎椎間板ヘルニア(背骨は椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアです)」と「梨状筋症候群(お尻の奥にお尻を横切るようについている梨状筋の中を走る坐骨神経が、外傷やスポーツ活動などで圧迫されて起こる痛みや痺れなどのこと)」が多く、高齢の方の場合はほとんどが「腰部脊柱管狭窄(脊柱管と呼ばれる腰の背骨の神経が通っている部分が老化などの原因で狭くなり、「神経根」などが圧迫されて起こる痛みや痺れなどのこと)」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として発症します。