豊春|東岩槻の整体・マッサージは「整体ハウスほぐれ~る豊春院」

当院の整体・ほぐしの適応症例

 

慢性疲労
慢性疲労
肩こり
肩こり
youtsu
腰痛
坐骨神経痛
坐骨神経痛
ぎっくり腰
ぎっくり腰

 

 

当院の整体治療の概念

 

関節痛と背骨

整体の適応症例1関節というと多くの方は、肘とか膝のように大きく曲げたり伸ばしたりする単一の関節をイメージしますが、細かい関節が積み重なることで大きく動く関節が背骨です。

背骨つまり脊椎といわれる関節の構造は、上から首の骨=頚椎が7個、胸の骨=胸椎が12個、腰の骨=腰椎が5個、あとは仙骨(5個の椎体)があり、それぞれの椎間関節で連結されています。そして仙骨は腸骨と連結し、仙腸関節をつくっています。背骨はこうした小さな関節が積み重なって、前屈のように大きく人の身体を動かしているのです。

こうした小さな関節は機能異常を起こしやすいと言われています。背骨を構成する小さな関節が機能異常を起こすと、他の部位にも痛みが起こることがあります。

肘や膝のように遠く離れた部位や、首の痛みや肩こりを引き起こすこともあり、これを関節痛と言います。また、以前ケガをした部位や弱点と言われているところが、神経系統の異常で急に痛くなって関節痛が起きる場合も多く見受けられます。

 

背骨の画期的な調整法(DRT)

整体の適応症例2人間の身体は内臓も手足も、あらゆる器官が脳から発せられる神経の支配のもとで働いていますから、神経の働きが正常でなければ当然、その神経が支配する器官は異常をきたします。

したがって、各内臓や手足などに神経を枝分かれさせる背骨に歪みが生じると、脊髄神経と繋がるる臓器や筋肉に異常な刺激が加わり、その器官の働きが不十分となって病気を起こします。

このように背骨の歪みと神経系統、そして各器官の病気とは非常に関係があります。背骨の歪みは日常生活の不良姿勢、運動不足、慢性的な疲労、筋力低下など様々な要因によって生じます。

当院では背骨の調整を仙腸関節から頚椎まで背骨全体を揺らし、背骨の可動性を拡げることで脊髄神経の異常な刺激を正常化し、脊髄神経と繋がる臓器や筋肉の機能を高めるDRT(ダブルハンドリコイルテクニック:背骨を揺らすだけで背骨、骨盤、顔面顎関節、四肢関節などのバランスまでとれてしまう手技、ほとんど痛みは無くむしろ心地よいと言われる画期的な調整法)を施術に取り入れて多くの方から喜ばれています。